武雄市議会議員( 前議長) 牟田勝浩のつれづれなるままに・被災された方に心よりお見舞い申し上げます

子ども手当 満額断念「当初から無理」って言ってんじゃん

民主党の目玉施策だった子ども手当は、

11年度からの満額支給2万6000円を実現しない見通しとなったみたいですね。

8日の会見で長妻昭厚生労働相が、これまでの姿勢を転換し、

満額支給を事実上断念する考えを発表しました。

菅内閣が財政再建を重視し、

政権公約修正へかじを切った象徴ともみられるますが

勝つだけ勝って、公約修正ってあり???

財源の裏付けを取り、きっちり実行できる確信を得てから公約してほしかった。

選挙前は「埋蔵金で・・」・・・無理でしょう・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自民党のときもそうだけど、総理は強いリーダーシップを取って欲しい

例を言えば韓国

ここ最近、韓国経済の強さがひときわ目を引いてます。

日本企業が世界のマーケットで苦戦を強いられているのを横目に、

サムスン電子、現代自動車などの韓国企業は、

世界シェアを獲得、拡大を続けている。

一方、韓国国内では2010年度のGDP成長率見通しは5.2%と、

当初の予想(4.6%)から大幅に上方修正された。

つい先日も韓国国債の格付けが「A1」に引き上げられ、

いまや韓国経済は完全に回復基調といっていいのではないでしょうか。

なぜ韓国経済は強く、一方で日本経済はこれほど脆弱なのか。

一部では、韓国経済が世界金融危機から比較的早く回復したのは、

リーマン・ショック後の急激なウォン安によるものだ、という意見もある。

しかし昨今、輸出産業が大きく持ち直し、ウォンが上昇傾向にある事実をみれば、

為替だけが韓国経済の強さの理由とは考えられない。

韓国経済の強さを語るうえで欠かせないのは、

なによりも現大統領・李明博の政治的リーダーシップではないでしょうか?

2008年2月に大統領に就任、韓国を世界の先進国へと押し上げるべく、

いち早く「大韓民国747」というスローガンを打ち出しました。

これは「毎年7%の経済成長、10年で一人当たり所得4万ドル、

世界七大大国入り」を達成しようというもの。

いま韓国は、国家が一丸となり、このスローガンの実現をめざしてるみたい。

日本もこれくらいのリーダーシップがあればですね~

コシップばっか・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

a0074633_16195411.jpg

怪しすぎる・・・
[PR]
by maikokoti | 2010-06-10 23:02 | 議会 政治関係
<< THANK YOU と「ありが... 小学生 >>



武雄市議会前議長 現在IT推進特別委員会委員長
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
注意!!
当ブログに関して

①書き込みに関する内容は 許可なく、公式な場の発言での 使用・引用は禁止します。
牟田のイニシャルでの紹介でも 同様とします。
ただし本人許可を受ければ可。

②上記と同様に
  発言だけではなく、書面において   も同様とします。
 
③トラックバック及びリンクはフリーです。

④画像に関しても①、②と同様としま す。

⑤レス書き込みに関しては、私が不  適切と判断した場合は勝手に削除  します。
 
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
ライフログ
その他のジャンル
画像一覧