武雄市議会議員( 前議長) 牟田勝浩のつれづれなるままに・被災された方に心よりお見舞い申し上げます

尖閣問題に関する考察その①

尖閣問題に関しては一言あります。

いっぺんには書ききれないので何回か分けて書いていきます。

受け売りや勘違いもあるでしょうが書かずに居られない!!

まず経過から

9月7日午前10時 海上保安庁の巡視船が中国漁船に領海内から去るように警告

逃走をはかり接触

同日午前11時別の巡視船に体当たり

同日午後1時 更に別の巡視船も加えて船長を拘束

9月8日 午前2時 正式に公務執行妨害で逮捕

この間16時間!!

このような重要な問題を政府に伝えないほうがおかしい!

そして政府は政治的な外交を考えて行動しなければならないと思う。

その後政府がとった判断は勾留期限を過ぎた19日に石垣簡裁が

10日間の勾留延長そして略式起訴ではなく公判請求の構え!!

これも政府の考えが入っていると思うっていうか

入らなければおかしい。

かつて小泉内閣でも靖国問題で強硬に出ていた傍ら

尖閣に上陸逮捕された7名を処分保留強制送還で3日後には

中国に帰したこと覚えてらっしゃるでしょうか?

これも政治介入・・良いか悪いかは別としてです。

私が怒っているのは

政府が一貫して検察や保安庁の判断って通している所!!

まあいいでしょう・・このときは強気だったんでしょうね????多分・・

更に問題はその後です。

前原外相は、23日、クリントン米国務長官と会談した中で

「国内法にのっとり粛々と対応する」と繰り返しながらも、

「外交問題なので、その点は大局的に判断していきたい」と加えすでに弱腰・・

「中国は冷静に対応するべき」と中国の行動を牽制していたのは仙谷官房長官

その後、日本の代表総理大臣が

「双方が冷静に対処すべき」とトーンダウン・・・

私の推測ですが

事件の起きた時は「ビデオ」があるんで

国際世論は日本につく「やったれ!」ってな感じだったんではないでしょうかね。

で、計算違いで中国の力を見せ付けられ

その「ビデオ」も公開できない状態・・・

続きは明日!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

a0074633_22182613.jpg

[PR]
by maikokoti | 2010-10-09 21:40 | 全般
<< 尖閣問題に関する考察その② 円高 >>



武雄市議会前議長 現在IT推進特別委員会委員長
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
注意!!
当ブログに関して

①書き込みに関する内容は 許可なく、公式な場の発言での 使用・引用は禁止します。
牟田のイニシャルでの紹介でも 同様とします。
ただし本人許可を受ければ可。

②上記と同様に
  発言だけではなく、書面において   も同様とします。
 
③トラックバック及びリンクはフリーです。

④画像に関しても①、②と同様としま す。

⑤レス書き込みに関しては、私が不  適切と判断した場合は勝手に削除  します。
 
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
ライフログ
その他のジャンル
画像一覧