武雄市議会議員( 前議長) 牟田勝浩のつれづれなるままに・被災された方に心よりお見舞い申し上げます

保育料の滞納、厚労省が全市区町村対象に実態調査へ

保育料の滞納、厚労省が全市区町村対象に実態調査をするらしい。

以下、読売新聞によると全国の道府県庁所在地、政令市、

東京23区の計73市区を対象に、

05年度の保育料の滞納額を調査

その結果、全市区でそれぞれ200万円以上の滞納があり、

本来支払われるべきだった保育料の総額1447億3322万円に対し

滞納総額は33億9767万円に上ったらしい。

文部科学省の調査で全小中学校の滞納総額が22億円超、

滞納率0.5%だった学校給食費に比べても、深刻な状況に陥っているというらしい。

昨年から話題になっている給食費の未納問題に続き、

「今度は保育料?」という感じですが、この記事をよーく読むと、

あることに気付くはず。

それは、文部科学省が調査した「全国」の小中学校の給食費滞納総額が

「22億円超」であるのに対し、読売新聞が独自に調査した

「全国の73市区」の保育園の保育料滞納総額が「約34億円近い」ということ。

調査が入っていない全国の全市区町村での滞納総額を合計したら、

いったいどれだけの額になるの……?

と思ってしまいます。

給食費は高くても毎月5000円程度が上限、

一方の保育料は上限6万円(昨年度の保護者の年収に応じて収入の多い方はと言う事)

ほどになる場合もあるので

滞納者の人数では比較できませんが、これらのお金がすべて税金で補われています。

「家賃だって払わなかったら追い出されるんだから、

保育料を支払わなければ当然、子どもは保育園から追い出されるんでしょう?」

と思う方が多いはず。

契約社会の原理原則に従えばそうなって当然……なのですが、

保育料に関しては、滞納を理由に退園させることができない理由があります。

それは「児童福祉法」でそう決められているからです。

児童福祉法は、子どもの福祉を最大限に尊重するために作られた法律です。

保育園は「福祉」の扱いですから、

保育園の保育料のことについても「児童福祉法」に定められているのです。

まず、保育料については児童福祉法51条4項です。

「都道府県及び市町村以外の者の設置する保育所における

保育の実施に要する保育費用」は「市町村の支弁とする」とされています。

さらに、56条の第3項に「本人又はその扶養義務者から、

当該保育費用をこれらの者から徴収した場合における

家計に与える影響を考慮して保育の実施に係る

児童の年齢等に応じて

定める額を徴収することができる」とあります。

つまり、「保育にかかるお金は自治体が支払うものではあるけれど、

自治体は親の経済状況を考慮した上で、

保育料を徴収できる」ということになっているわけですね。

では

武雄市での滞納はどれくらいか?

年間約500万円


のべ約2000万円の滞納があります。

どがんかせんぎいかん~!
[PR]
by maikokoti | 2007-05-25 16:51 | 議会 政治関係
<< 武雄市子供クラブ育成者研修会など 地域防犯 >>



武雄市議会前議長 現在IT推進特別委員会委員長
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
注意!!
当ブログに関して

①書き込みに関する内容は 許可なく、公式な場の発言での 使用・引用は禁止します。
牟田のイニシャルでの紹介でも 同様とします。
ただし本人許可を受ければ可。

②上記と同様に
  発言だけではなく、書面において   も同様とします。
 
③トラックバック及びリンクはフリーです。

④画像に関しても①、②と同様としま す。

⑤レス書き込みに関しては、私が不  適切と判断した場合は勝手に削除  します。
 
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
ライフログ
その他のジャンル
画像一覧