武雄市議会議員( 前議長) 牟田勝浩のつれづれなるままに・被災された方に心よりお見舞い申し上げます

私の一般質問

本日の一般質問の1番バッターでした。

質問の要旨を書くと(質問のみ)

①観光について

入湯税(宿泊者)が

H17では14万人、

H18では13万人、

H19では12万人と

段々少なくなってきている。観光に力を入れていくと言う事なのに計画では

目減りの計算だ。これはなぜなのか

また、発表されている宿泊者は30万人だが

入湯税から見ると、かなりの乖離があるがそれはなぜ?

観光課、観光協会は宿泊者数において実数を把握するべき。

実数を把握した上で事業評価をして次につなげなければならない。

例えば「時巡り温泉際」では毎年数百万の予算を使っているが

本当に効果があっているのか?そういうのも実数を把握して評価し

効果がなければやめて次の事業に移るべき。
アマチュアは過程が大事だが

プロは結果がすべて

職員も報酬をもらって仕事をしているのなら

結果を出さなければならないし

実数把握で対前年度効果をきちんと出すと言う事をしなければならない。

また先の島田洋七さんの講演でデビューした

武雄の7人のがばいばあちゃんをどのように観光に特化するのか?

それに今力を入れているレモングラスをどのように観光特産品として位置づけるのか?

②教育について

県立中学校の入学要否で

抽選と言うのは納得いかない!

子供の人生を抽選で決めていいのか!

九州でも抽選をしているのは佐賀県と長崎県だ。

抽選と言うのを見直すべきだが

教育長はこの抽選と言うのを教育者として

どのように考えるのか?!!

また2学期制のメリットは授業日数確保だが

これだけ先生の出張が多くなったら

何のための2学期制か!子供のためではなくて

教師の為の2学期制と受け止められる恐れあり!

明治以来の3学期制を壊した意味がないのでは?!

又昨今の子供が起こしているさまざまな事件を考えても

道徳教育の再考が必要では?
③周辺部対策について

周辺部対策のひとつの切り札として

アレルギー体質の子供に対応した給食つくりのモデル校に!

④がんばる地方応援プログラム

がんばる地方応援プログラムをもっと活用すべき!

武雄は3000万程しか応募してないが

他自治体は数億の事業を出している

武雄ももっと活用すべきでは?


と大まか

非常に大まかに

質問内容をまとめてみました。

時間にして1時間25分でした。

今日は質問だけですが後日上記の質問に対する答弁を書きますね
[PR]
by maikokoti | 2007-06-12 22:54 | 議会 政治関係
<< 一般質問 最終日 お休みです・・・・ >>



武雄市議会前議長 現在IT推進特別委員会委員長
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
注意!!
当ブログに関して

①書き込みに関する内容は 許可なく、公式な場の発言での 使用・引用は禁止します。
牟田のイニシャルでの紹介でも 同様とします。
ただし本人許可を受ければ可。

②上記と同様に
  発言だけではなく、書面において   も同様とします。
 
③トラックバック及びリンクはフリーです。

④画像に関しても①、②と同様としま す。

⑤レス書き込みに関しては、私が不  適切と判断した場合は勝手に削除  します。
 
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
ライフログ
その他のジャンル
画像一覧