武雄市議会議員( 前議長) 牟田勝浩のつれづれなるままに・被災された方に心よりお見舞い申し上げます

医療関連③

市民病院が目指した姿は当初どういうものだったか?

a0074633_1152211.jpg


今巷では、救急もさることながら慢性期の患者さんのことが取り立たされてます。

H11年3月議会での当時の古庄市長の一般質問における答弁です。

市民病院は、どのような位置づけ、役割なのか明確に答弁願いたい。

と言う質問に対し

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

古庄市長

武雄市民病院は、武雄市民が安心して医療を任せられる、

そういう病院を目指しているわけです。

ただ、一般のいわゆる市にある病院、医院とも連携をとりながら

一般の病院・診療所・あるいは医院等は1ないし1.5次が中心で

市民病院は2次医療を中心に持ってきまして

武雄市の市民が安心して医療を受けられると

そういうものを目指しております。

特に救急告知病院として24時間いつでも駆けつけられる

そして市民が安心して生活できると


そういうことを狙って準備を進めている。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

つまり当初からの目的は急性期病院、救急対応病院です。

今、調査勉強中ですが

いつの間にやら中長期滞在型の慢性期の病院と変わって来ていたような気が・・



救急は市民病院

慢性期は他の市内外民間病院と言うことを

当時聞き及んでましたし

出来れば更なる高度医療を目指したいとも聞いた記憶あります。

平成11年の事ですがご紹介まで。
[PR]
by maikokoti | 2008-12-02 23:59 | 議会 政治関係
<< 新型インフルエンザ いよいよ師走 >>



武雄市議会前議長 現在IT推進特別委員会委員長
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
注意!!
当ブログに関して

①書き込みに関する内容は 許可なく、公式な場の発言での 使用・引用は禁止します。
牟田のイニシャルでの紹介でも 同様とします。
ただし本人許可を受ければ可。

②上記と同様に
  発言だけではなく、書面において   も同様とします。
 
③トラックバック及びリンクはフリーです。

④画像に関しても①、②と同様としま す。

⑤レス書き込みに関しては、私が不  適切と判断した場合は勝手に削除  します。
 
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
ライフログ
その他のジャンル
画像一覧