武雄市議会議員( 前議長) 牟田勝浩のつれづれなるままに・被災された方に心よりお見舞い申し上げます

カテゴリ:牟田版 「北の国から’86位」( 6 )

牟田版「北の国から ’86位」 最終回 I shall retern.

いよいよ牟田版「北の国から ’86位」 も最終話を迎えました。

今回はチョイトまじめに!


あるきっかけで北海道の牧場の事を思い出し、

書いているときは、まるでその時代にタイムスリップしたのではと思うほど

心温まる時間でした。

書きながら自分でも安らぎを求めていたんですね!

北海道の大地

牧場の人々

牛さん

一緒に行ったI君

2度と経験できない貴重な体験をさせてもらいました。

食い意地が張っているようですが

休日に食べに行った

うに丼

も忘れられないですね!

せっかく北海道に来たのだから「うに丼」食いて~~と

牧場の社長の紹介で

車で1時間か2時間ほど掛けて食べに行きました。

美味かったですね~~~

下のご飯が見えないくらいウニが敷き詰められてて・・・

a0074633_1024883.jpg

(こんな感じ)

バターをたっぷり塗った・・と言うより乗せたジャガイモも美味かったな~~

それと

我々アルバイトが帰る前の日にやってくれたバーベキュー・・・・・

自家製のチーズやヨーグルト・・


色恋沙汰は何にも無かったが

甘酸っぱい思い出の北海道

東京にいた色々な思い出よりも強烈に脳裏に焼きついてます。


皆さんダイヤモンドダストって知っとんさーですか?

ユーミンの歌じゃなくて本物。

この牧場では、さすが日本最低温度を記録した地!

空気中の水蒸気までが凍りつき、天気の時はそこらじゅうが

キラキラ☆彡輝いて綺麗らしい。

「今度来っ時は冬に来んしゃい!ダイヤモンドダストの綺麗かよ」(九州弁翻訳)

と言ってくれました。

別れの時は牧場の人、一人一人に挨拶をしながら

感慨無量で、目からお漏らししてしまいました・・・

今みたいに涙腺が弱くなった時ではなく

人生でも一番涙腺の堤防が強い時期でしたけど

止められなかったですね・・・・・・・

東京から車で来ていて別に寄るところがあると言うI君とも別れて

一人牧場から駅まで歩いて行きながら、息をいっぱい吸いながら

いつか必ずここに来よう!嫁さんと子供をつれて・・・・・と思いましたね!

また一人で今は廃線になった路線を着た道と同じに逆戻り


東京の部屋に戻る道すがら

バブルに浮かれた大都会の雑踏が妙にわずらわしかった。


いつか、あの牧場に行きたいと思ったけど

どうも行けそうに無い・・ごめんな桐・・


牛さん美味しい牛乳ありがとう!

日本の田舎は偉大です。

ここまで読んでくれてた方がいましたら感謝します。


これをもちまして

誰にも惜しまれすに静かに

牟田版「北の国から ’86位」を閉じさせてもらいます。




a0074633_10333363.jpg

牧場があったところ(北海道雨竜郡)

a0074633_10341075.jpg

当時住んでいた東京都大田区

a0074633_10344273.jpg

武雄市若木町・・・がばいよかとこ!
[PR]
by maikokoti | 2007-02-21 10:24 | 牟田版 「北の国から’86位」

「牟田版 北の国から’86位  牛さんの目に涙 編」!

現在、市の派遣事業で北海道雄武町へ市内の小学校生徒が

研修に行ってます!

北海道は でっかいど~~!

初めて北海道に行った時にはマジで私そう思いましたね!

(その後 アメリカ大陸に行った時には、北海道でもまだまだチッチェイド~~
 考えを改めましたが・・・でも国内では圧倒的にデカイ感じがした!)

それはそうと、その北海道の牧場でもだいぶ仕事に慣れてきた私ですが

一番の苦手だったのが、・・草むしり!!

え~~草むしり!それくらいで~~マジ~~って思うかもしれませんが

その通りです!

解説しますと

牧草を冬に備えて倉庫に備蓄する事は前々号位で書いたと思います?(適当)

でも雨の日は牧草取りしないんですね~~!

なしてかと言うと濡れた牧草を備蓄するとそこから腐れるそうなので!!

当たり前のことを知ったかぶりして書いてますが

雨が降ったらじゃあ仕事が無いかというと

草むしりなんですね~~

コーン畑(飼料用の)の草むしり!

あとコーンだけじゃなくて・・・他にもありましたが忘れました・・・・なんだったけ?

そんなことはどがんでんよかとですが、

とにかく草むしりです!ハイ!

そのコーン畑が、でかい事!でかい事!

1列草むしりするのに2~300メートルはまっすぐ這って行かなければ

ならんのです!畑の1辺が長かとです!

それも雨の中カッパ着てからやらなければいかんのじゃけ!

中腰体勢が苦手な私は1列で「ひ~~~~っ!腰が~~ひざが~~」です・・

「ふっ!ふっ!ふっ!おのれは軟弱やの~~!」

って思われてもかまわんとです!

だって、一緒に行ったI君も同じ事行ってましたから!

それを午前中2時間、午後3時間やるわけじゃん!きつかさ!

だから今でも草むしりと聞くと一種のトラウマ状態です。

そうそう、題目とちょいと違いましたね!牛さんでした!

え~~基本的に私が行った牧場は乳牛!ホルスタインです。

牛舎の中で搾乳機で牛乳集めます。

前にも書いたように牛さんのウンコはちょうどベルトコンベアーで集めるように

してありますが、きちんとそこに落下ばかりしませんで

足元にブリブリとほっかり、こんもりとと言うのは毎度の事です

が!・・しかしそのウンコで足を滑らす牛さんがいます!

萩本欣ちゃんみたいに横にすべるのはいいのですが

まれ~~に、股関節が又裂状態で180度ヨガの先生みたいに滑る牛さんがいます!

そうなったらその牛さんはもうだめだそうです!(理由は忘れた・・)

ウンコのバカたれ!

その牛さんは食用として屠殺場に連れて行かれます。

もともと食用ではなく乳牛ですから二束三文だそうです・・・

その牛さんの鼻緒をひいて屠殺場行きのトラックに載せなくてはなりません。

何でだろう?

なして?

いつものただの移動の時には素直に動いてくれる牛さんが

その場から動こうとしません!!

判るのか!

判るのね!

我々素人では手に負えないので

牧場の人が要領よく(少々手荒に)引っ張っていきました・・・

だまってついていく私です・・・

最後のトラックに載せる時には激しく抵抗する牛さん・・

陽光に輝くその目は涙が出てました・・・

実際には流してなかったかもしれませんが

私にはそう見えましたし

ひょっとして私の目がうるうるしていたからかもしれません!

20歳位の若造が初めて屠殺場送りになる牛さんを見たときは

ショックでしたね!

今でもその光景ははっきり覚えてます。

興が冷めるようですが

私、牛肉大好きです!非常に好きです!よく食べます!

でも、たまに牛肉食べる時には

その事を思い出してます。

ある意味、私にとって初めての最高の食育だったのではないでしょうか・・・

牛さんは目がとても綺麗です。

馬もそうですが、純粋でまっすぐな目で

「なんで、そんなに綺麗な目をしているんだい」と問いかけたくなるほど・・・

そのような牛さんに合掌 

ウンコのバカたれ!
[PR]
by maikokoti | 2007-02-10 14:14 | 牟田版 「北の国から’86位」

牟田版「北の国から ’86位」 北海道弁編

当時は東京に住んでいたんで標準語は得意(こんなの得意って言うかな?)

だったので、九州弁と標準語の2ヶ国語を使い分けてました。

ところで北海道弁って?

大体標準語だった記憶があります。

ただアクセントが少し違うくらいだったでしょうか?

あと言葉の最後に~~~~~だべ!って入ってたような気が・・

そういえば松山千春も~~だべってよく使うもんな。

話しそれますが

今話題の宮崎出身と初めてしゃべった時は

標準語で言うと「うん、うん、そうだね!」

宮崎弁では「じゃ~~じゃ~~じゃっどよ~」です。

じゃーじゃーって雨ふいようとじゃなかて!

佐賀弁では「うん、うん、そがん!」ですかね?

話を北海道に戻すと

それと強烈に思い出にあるのが

単語の意味違い!!

え~~牧場でよく使う道具でフォークのでっかいの!

わかりますでしょうか?

スコップの先が板じゃなくて3つ股か4つ股ののとがっている奴。

よく牧草とかすくう奴!

ここまで書けば頭の仲で想像つきますよね!

そのフォークの爪が1本折れてしまった時に
(もともと1本折れてたので残り1本になった)

牧場の人に

「スミマセン、折れちゃいました・・・」って言った時に

「じゃあ、あっちに投げとけ」って言われまして

おっ!なかなかしゃれのわかる人じゃん!って思い

「見ててくださ~~~い!」ってオリンピックの槍投げのごとく

ワン・ツー・ステップで「どりゃ~~」て投げたら

「おめえ!なにやってんだ?!こらっ!」

「こらっ!」って・・・

「いや~~投げろと言われたので・・・」

「だから投げろって言っただろう!!」

「投げましたけど・・」

「投げろって!」

「だ~~か~~ら~~~投げましたって」

「ち~~が~~う~~~!」

「へっ?何で?」

・・・投げるって・・・北海道弁で(あくまでその地区だけかもしれないけど)

「捨てる」って意味だったんですね~~~

知らんかった~~~

おりゃ~~九州男児やけんの~~

九州弁と標準語以外はわからんですばい!

でもあとは同じだったですね!

おもしかね北海道!
[PR]
by maikokoti | 2007-01-30 20:08 | 牟田版 「北の国から’86位」

北の国から’86位 社長の娘っこは働き者!

牟田版 「北の国から’86位」サボってましたが

思い出しているうちに書きますね!

またぞろ現実の忙しさにかまけて忘れそう~~!

前に書きましたサイロのかき混ぜ終わったら

次は牧草収集~~~の巻き!

厳寒の冬は牛さんの餌である牧草が取れないのとあまりの寒さのため

夏の間に牧草をでっかい倉庫に大量にストックしとかなければならない!

牧場が持っている山に行きトラクターのでかいのが草を刈って

後ろからポンポン四角く圧縮した牧草がウンコみたいに出てくるので
(なんかこの話ウンコばっか!)

その後ろについてトラックの荷台に放り上げる仕事!!

20個30個位だったら良いですよ、一日何百個ですから~~切腹!

腰に来ます・・・

ウンコはポンポン出てくる、もとい牧草です~

遅れないようにドンドン載せていかなきゃ~~~うお~~

最初は余裕ですが最後は「どりゃ~~」って気合の声が自然に出てきます!

一緒来ている悪友I君は紹介のように空手道場で鍛えまくりですから

余裕でポンポン~~

私しゃ、かよわいひなげしの花ですから1日でフラフラ~~

「きゃ~九州人って軟弱う~~~!」ってなめられたらあかん!

この牧場に来た九州人は初めてということなので

九州男児の誇りにかけてきつい顔見せられんばい!と

牟田は頑張ったでありますが、あえなく撃沈!

1週間後熱出してダウン!もろ弱さ見せまくり・・・どわはっつははは

・・スンマセン!九州男児のイメージ壊しましたであります・・・。

本来ならば腹掻っ捌いて果てなければいけないでありますが

きついのはきついっす!無理するものじゃありまへん!あかんどす!


たまにトラックの運転の番になると嬉しかったですね~ちょびっと楽だし・・。

でもよく見りゃこのトラックってナンバー着いとらんぞ~~

うお~~この辺じゃナンバーいらんとね??

牧場や放牧地、山は全部この牧場のもので一般道は

走らんでも敷地内で事足りるって話でした!すごかですね!


また北海道は日が暮れるのが早い!

日の出が早いのと同じですね、当たり前ですが・・。

4時くらいに牧草とり終わって

また牛さんの餌やりとウンコ掃除で8時くらいになったでしょうか

牛舎の中は温かいけど、外は「さぶっ!」おいおい今は7月の終わりよ~

さすが日本最低気温の地!なめたらいかんです。

あとは住み込みの家に帰って飯食って風呂入ってグ~~~


で、また3時半に起床です。

前日と今日書いた仕事の繰り返し。

その中で感動したのが

その牧場の社長さんの娘さん達!

3姉妹で一番上が大学か専門学校に行っていて

家にはいらっしゃいませんでしたが

高校生と中学生の娘さんがいて

我々に混じって朝早くから、汚れ仕事を一緒に頑張っている!!

登校前ですよ!

すばらしい!ファンタススチィク!エクセレント!

私しゃ東京から来たんで余計に感動した!

東京の女子高生や中学生だったらまだグースカピーと寝ている時間に

新聞配達もまだ動いて無い時間から

がんばって家の手伝いしている!毎日ですよ!

そして屈託が無い!明るい!すれてな~い!

いちばんファッションがどうだとか多感な時期!

一番汚れ仕事はしたくなかったであろう時期!

家族で頑張っている!かぞくでがんばる、ささえあう・・

なんか今思い起こしてみると当時より余計に感動してます。

なんでか涙が出てくる・・・なんか「がばいばあちゃん」と通じるのかな?

最近涙腺が弱くなったんでパソコンのモニターがゆがんで見えて

今日はこれ以上かけないから続きは後日・・・おやすみなさい。
[PR]
by maikokoti | 2007-01-29 22:39 | 牟田版 「北の国から’86位」

牟田版「北の国から ’86位」

先日の続きです

牧場についての最初の仕事は

うんこ運び!

牛舎には数百頭いてウンコはベルトコンベアーで運ばれますが

多くははみ出しウンコします。(人間でさえ便器にくっつけてますね~)

そのはみ出たウンコを一輪車に載せて

ウンコ池へ・・・

ウンコって重いですね・・・臭いですね~!

私ウンコ池に落ちましたハイ!手を着いただけですが

ニュルニュルとめり込んでいきました・・うお~~~助けてくれ~っつ!

次は餌やり!

トロッコに藁を満杯にして牛の前において置いく!

牛の数が多いからこれが結構きつい!

こらこら横の奴を取るな!ちゃんと後であげるから~~

げっ!舌すんげ~~長いでやんの!

夜は住み込みの家でおばちゃんの作った晩御飯!

なに食ったか良く覚えてません。

朝は3時半起床!

朝3時半ですぜ!夜中です!東京ではまだ飲んでいる時間です・・・

暗くないんですね!うっすら明るい!

つなぎに着替え

牧場に!

まずは餌やり!

2時間はかかりますのでその後朝ごはん!

生で牛乳飲めると思っていたら、やっぱ1回は暖めないといかんらしい!

夏にHOT牛乳!!って思われるかもしれませんが

さすが日本最低温度を記録したところ!寒いっす!っていうかストーブ炊いてあります!

九州では考えられん!うお~~トレーナー持ってくればよかった!

後の祭り!最低気温記録地域をなめてました!


朝飯食ったら次はサイロに中のかき混ぜ!

サイロって言ってもデカインデスネこれが!

はしごで登ります!

先に上った奴の靴にウンコがくっついていて

はしごの段にウンコが着いて手を掛けたらニュルニュルします!

落ちたらケガじゃすまんぞ!ウンコぐらい上る前に落としたれや!

サイロの中はサウナみたいです!

かき混ぜながら汗がポタポタ!

牛さんにはちょうどいい塩加減だったのではないでしょうか?ってなわけないです!

まだまだ牟田版「北の国から ’86位」は続きます!

だって書き始めたら色々思い出してきたもので!(多少あいまいですが)・・。
[PR]
by maikokoti | 2007-01-20 17:02 | 牟田版 「北の国から’86位」

北の国から・・ら~ら~あららららあ~~ら らららららら~

ここでリンク貼ってます

K&K MORIさんのブログで懐かしい住所見つけました。

北海道雨竜郡・・・

ここって私が学生時代夏休みで3が月ほどアルバイトしていた牧場があるところです。

話せば長くなりますので、長く書きますが・・

大学2年の時ではなかったろうか

「北の国から」を見ていてモーレツに北海道に行きたくなった!

モーレツにキタキツネにルルルをしたくなった!

北海道の大自然に触れたくなった!

新鮮なミルクを飲みたくなった(ハイジじゃ無いけれど・・)

学生時代の悪友I君(アルバイト先で知り合った、いつも空手道場で身体を鍛え

あたりかまわず喧嘩を売るのが趣味の怖けどいい奴で今でも年賀状のやり取りはしている)

も同じように「北の国から」に影響され2人で

今度の夏休みに北海道の牧場にアルバイトに行こうと計画!

試験の関係で私が数日遅くれて出発!(大学は2年から3年になるのに一つの壁があったので

試験はサボれなかった)。

どこか忘れたけど

千葉かどっかから北海道苫小牧まで出ている貨物?フェリーの

一番下の船室に雑魚寝!確か苫小牧まで1泊2日で9000円だったけかな?

苫小牧から電車で名寄市に向かう!(5・6時間はかかったと思うが記憶が定かでない)。

名寄市に一泊(観光協会から紹介された汚い旅館だったこと覚えている)

そこから深名線という路線で目的地の牧場の近くの駅まで行こうとするが

1日3本しかなく朝のに乗り遅れたので夕方まで

名寄市をブラブラする。

夕方の電車に乗り最寄の駅まで!

駅の名前は忘れた・・・北見だったけな?

住所は北海道雨竜郡幌加内町北母子里と記憶している!

a0074633_22361343.jpg


日本最低温度のマイナス41.5℃を記録した土地!!

私しゃTシャツとGパンだけでっせ!夏だから。

社長に挨拶し住み込む家に連れて行かれて

つなぎに着替えさせられ牧場に!

先に来ていたI君らと再会!今みたいに携帯ないし!

まず最初の仕事は・・・

うお~~書きつかれたので続きは明日です!

書きながらいろいろな事を思い出してきたぞ~~!!
[PR]
by maikokoti | 2007-01-18 22:36 | 牟田版 「北の国から’86位」



武雄市議会前議長 現在IT推進特別委員会委員長
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
注意!!
当ブログに関して

①書き込みに関する内容は 許可なく、公式な場の発言での 使用・引用は禁止します。
牟田のイニシャルでの紹介でも 同様とします。
ただし本人許可を受ければ可。

②上記と同様に
  発言だけではなく、書面において   も同様とします。
 
③トラックバック及びリンクはフリーです。

④画像に関しても①、②と同様としま す。

⑤レス書き込みに関しては、私が不  適切と判断した場合は勝手に削除  します。
 
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
ライフログ
その他のジャンル
画像一覧