武雄市議会議員( 前議長) 牟田勝浩のつれづれなるままに・被災された方に心よりお見舞い申し上げます

伏尺神社

例の拳銃殺人事件で先日まで子供の送り迎えをしてまして

若木小学校に良く行きます。

その横にある伏尺神社は以前も書きましたように

現在改装中です。

a0074633_211559.jpg


そこであまり知られていない

伏尺神社の言われですが↓


若木町川古(かわご)に伏尺神社がある。

伝説によれば神功皇后の三韓征伐にも従い筑紫に下向した武内宿禰は、

応神天皇の九年四月筑紫観察のために滞在し、

横辺田よこべた(今の大町の福母)にいた。

治世9年夏4月、武内宿禰を筑紫に遣わして人民を監視させた。

そのとき武内宿禰の弟の甘美内(うましうち)宿禰は兄を妬み落としいれようとして

天皇に讒言した

甘美内宿禰> 武内宿禰は常に天下をねらう野心があります。

今、筑紫にいて「筑紫を割いて取り三韓を自分に従わせたら

天下を取る事が出来る」と言っているようです。

天皇> それは本当か! すぐに武内宿禰を捕らえよ!!

天皇は使いを使わして武内宿禰を殺すように命じた。

武内宿禰は嘆いて言った。

武内宿禰> 私は二心などなく、忠心をもって陛下にお仕えしてきた。

         なのになぜ無実の罪で殺されねばならんのか。

真根子> 大臣は忠心をもって陛下にお仕えし、

       腹黒い心などお持ちでない事は天下の人々が皆知っています。

声をかけてきたのは、壱岐値(いきのあたい)の先祖の真根子(まねこ)という者で、

その容貌が武内宿禰によく似ていると評判の者だった。

真根子> ひそかに朝廷に参り自ら罪の無い事を

弁明した後に死んでも遅くはありません。

       幸い私は他人にも大臣にそっくりだと言われます。

       いま私が大臣に代わって死んで大臣の赤心を明らかにしましょう。

そして、即座に自分に剣を当てて死んだ。

武内宿禰は大いに悲しみ尺に伏して慟哭してやまなかった、

この死体を壱岐に運ぶことになった。

昔は藤津、彼杵の辺りまで三韓にわたるには唐津より出航していて、

川古(現在の若木町川古)はその交通の要所であった。

横辺田から多久を通り川古まで来た時に死体は重くて運ぶことができなかった

ので、この地に来て葬ることになったと伝えられ、これを神と崇め奉った

のが伏尺神社です。

う~~ん今回はロマンを感じる書き込みだ!我ながら・・・・・
[PR]
by maikokoti | 2007-11-19 21:06
<< 「TAIZO + TAKEO展... がばい武雄の物産祭り2日目 >>



武雄市議会前議長 現在IT推進特別委員会委員長
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
注意!!
当ブログに関して

①書き込みに関する内容は 許可なく、公式な場の発言での 使用・引用は禁止します。
牟田のイニシャルでの紹介でも 同様とします。
ただし本人許可を受ければ可。

②上記と同様に
  発言だけではなく、書面において   も同様とします。
 
③トラックバック及びリンクはフリーです。

④画像に関しても①、②と同様としま す。

⑤レス書き込みに関しては、私が不  適切と判断した場合は勝手に削除  します。
 
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
ライフログ
その他のジャンル
画像一覧